読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Security Blog 日本語版

Mozilla Security Blog を日本語に翻訳(非公式)

【翻訳】WoSign と StartCom による今後の証明書は拒否します

この記事は、2016 年 10 月 24 日付で Mozilla Security Blog に投稿された Distrusting New WoSign and StartCom Certificates(筆者: kwilson)の翻訳です。この翻訳は公式なものではありません。詳しくはこちらをご覧ください。


WoSign という認証局(CA)が技術面と運用面において多くの失態を犯していたこと、より深刻なことには、2016 年 1 月 1 日をもって SHA-1 SSL 証明書を発行できなくなる期限を回避するため、発行日を古い日時に改ざんして証明書の発行を行っていたことを Mozilla は確認しました。さらに、別の CA である StartCom の所有権を WoSign が完全に保有しているにも関わらず、Mozilla の要求するポリシーに反してこの事実を公開していなかったことも判明しました。WoSign と StartCom の担当者は、これらの瑕疵を証明するに足る十分なデータが集まるまで、今回の事件について否認し続ける姿勢です。両社の担当者が行った詐欺行為の程度を鑑みた結果、現在登録されている WoSign と StartCom のルート証明書にチェインが繋がる証明書が今後発行された場合、その証明書に対する信頼を破棄することとしました。

Mozilla が講じている具体的な施策は以下の通りです。

  1. notBefore の日付が 2016 年 10 月 21 日より後であり、かつ以下に示す当該ルート証明書にチェインが繋がる証明書への信頼を破棄します。この措置の迂回を目的とした日付の改ざんが(どのような形であれ)判明した場合は、当該ルート証明書Mozilla は即座に、かつ永久的に失効させることとします。
    • この変更は Firefox 51 のリリース予定 に合わせて反映されます。
    • 今回の措置が当該ルートのクロス証明書にも適用されるよう、当該ルート証明書を識別する Subject Distinguished Names には以下の値を用います。
      • CN=CA 沃通根证书, OU=null, O=WoSign CA Limited, C=CN
      • CN=Certification Authority of WoSign, OU=null, O=WoSign CA Limited, C=CN
      • CN=Certification Authority of WoSign G2, OU=null, O=WoSign CA Limited, C=CN
      • CN=CA WoSign ECC Root, OU=null, O=WoSign CA Limited, C=CN
      • CN=StartCom Certification Authority, OU=Secure Digital Certificate Signing, O=StartCom Ltd., C=IL
      • CN=StartCom Certification Authority G2, OU=null, O=StartCom Ltd., C=IL
  2. 日付の改ざんされた SHA-1 証明書であり、かつ当該ルート証明書にチェインが繋がる既知の証明書を OneCRL(参考:日本語訳)に追加します。
  3. Ernst & Young Hong Kong による監査記録を今後受理しません。
  4. 将来のある時点において、当該ルート証明書Mozilla のルート証明書一覧 から削除します。今回の CA による新しいルート証明書登録が認められた場合には、証明書の取得者を新しいルート証明書へ移行させる CA の行動計画を確認した上、旧ルート証明書の削除日時を調整します。この条件が満たされなかった場合には、2017 年 3 月以降のある時点を削除日時とします。
  5. 追加または代替となる施策を講じる権利を Mozilla は有します。

どちらかの CA から 2016 年 10 月 21 日以降に証明書を取得していた場合、異なる Subject Distinguished Names の新しいルート証明書が発行元 CA から提供されない限り、またはチェインが繋がっている当該ルート証明書手動でインポートしない限り、取得した証明書は Firefox 51 などの Mozilla 製品で利用できなくなります。web サイトの利用者についても、新しいルート証明書Mozillaルート証明書一覧にデフォルトとして登録されるまで、自分で新しいルート証明書をインポートする必要があります。

WoSign については Bug #1311824 で、StartCom については Bug #1311832 において(既存のものを置き換える)新しいルート証明書の再登録申請を行うことができます。

今回の措置は Mozilla のポリシーと一貫性を持つものであり、また Mozilla's CA Certificate PolicyCA/Browser Forum's BaselineMozilla の担当者による直接の問い合わせに対し、他の CA が同じような詐欺行為を働いた場合にも適用されるものと考えています。

Mozilla Security Team

【翻訳】パブリックな web における SHA-1 の廃止

この記事は、2016 年 10 月 18 日付で Mozilla Security Blog に投稿された Phasing Out SHA-1 on the Public Web(筆者: J.C. Jones)の翻訳です。この翻訳は公式なものではありません。詳しくはこちらをご覧ください。


インターネットの誕生から長きにわたって私たちが利用してきた SHA-1 アルゴリズムは、数学や技術の進展によって引退の時期を迎えつつあります。近い将来、強い動機と莫大なリソースを持ちさえすれば、SHA-1 アルゴリズムを用いたディジタル証明書は偽造できるようになるでしょう。

私たち Mozilla も参加している CA/Browser Forum の取り組みや、昨年お知らせした Mozilla における SHA-1 の廃止予定(参考:日本語訳)、ならびに NIST の勧告に基づき、今年の 1 月から web 用の SHA-1 証明書はほとんど発行されなくなり、より安全なアルゴリズムを利用した新しい証明書が発行されるようになりました。2016 年 5 月と比較すると、web における SHA-1 の利用率は 3.5% から 0.8% に減少したことが Firefox Telemetry の調査 で分かっています。

Firefox では 2017 年の初めより、接続先サーバが SHA-1 証明書を利用しており、かつその証明書のチェインを辿った結果 Mozilla's CA Certificate Program へ繋がった場合、「接続の安全性を確認できませんでした」というエラーが表示されるようになります。なお、この場合のエラーをユーザが無視して接続することはできません。ただし、ユーザが手動でインポートしたルート証明書にチェインが繋がった場合、デフォルト設定では SHA-1 証明書でも接続が許可されます。これにより、企業内のルート証明書といった特定のユースケース に引き続き対応できます。とはいえ、SHA-1 から可能な限り速やかに移行することを強く推奨します。

このセキュリティポリシーFirefox 51 でオプションとして導入されており、今後ポリシーの適用率を順次増加させていく見込みです。現時点で Firefox 51 は開発者向けバージョンですが、公式リリースは 2017 年 1 月を予定しています。ポリシーの適用によって実際に生じる影響を評価するため、Firefox 51 のベータ版(今年の 11 月 7 日)より、SHA-1SSL 証明書を拒否するポリシーがベータ版の一部ユーザに適用される予定です。結果が良好であれば、適用するベータ版ユーザの範囲を拡大してゆきます。来年 1 月に Firefox 51 がリリースされた際には、ベータ版と同じく一部のユーザにポリシーをまず適用し、やがて 2017 年の初めには、公に信頼されている認証局から発行された SHA-1 証明書のサポートを終了することになります。

SHA-1 証明書に関するご質問は mozilla.dev.security.policy へ直接お願いいたします。

【翻訳】アドオンのピン留めに関する脆弱性とセキュリティ更新

この記事は、2016 年 9 月 16 日付で Mozilla Security Blog に投稿された Update on add-on pinning vulnerability(筆者: Selena Deckelmann)の翻訳です。この翻訳は公式なものではありません。詳しくはこちらをご覧ください。


Firefox と Tor Browser が特殊な条件下で「中間者攻撃」(MITM)に脆弱であることが、今週(訳注:2016 年 9 月第 3 週)の初めにセキュリティ研究者によって報告されましたFirefox はインストール済みのアドオンを HTTPS 通信で自動的に更新しますが、証明書の誤発行に対する追加対策として、FirefoxMozilla の web サイトの証明書も「ピン留め」しています。そのため、Mozilla の更新サイトを騙った未認証の証明書を攻撃者が取得できた場合でも、アドオンの更新過程を危殆化させることはできません。

Firefox のリリース時に "Preloaded Public Key Pinning" を更新する過程に隙があったため、2016 年 9 月 10 日以降の Firefox 48、そして 2016 年 9 月 3 日以降の Firefox ESR 45.3.0 において、アドオン更新時に参照すべきピン留めが無効になっていました。その時点において、Mozilla の web サイトとして誤発行された証明書を取得できた攻撃者であれば、自身の掌握するネットワーク上にいる任意のユーザに対して、アドオンの更新時に悪意のある内容を受信させることが可能でした。

アドオンを何もインストールしていないユーザに影響はありません。しかしながら、Tor Browser はアドオンを含んでいるため、Tor Browser の全ユーザは脆弱である可能性があります。悪意のある証明書の存在は現時点まで確認できておらず、そのような証明書を取得するには認証局をハッキングないし危殆化させる必要があります。しかし今回の事案は、国家レベルの攻撃から保護されたい Tor ユーザにとっては懸念事項と思います。Tor Project はセキュリティ更新を金曜(2016 年 9 月 16 日)の初めにリリースしており、MozillaFirefox の修正版を 9 月 20 日(火)にリリースします。

Firefox を最近更新していないユーザのため、アドオンの更新サーバに Public Key Pinning Extension for HTTPHPKP)も適用しました。毎日行われるアドオンの更新確認の際に新しいピン留めが適用されるため、それ以降のユーザは攻撃から保護されることになります。