読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mozilla Security Blog 日本語版

Mozilla Security Blog を日本語に翻訳(非公式)

【翻訳】Firefox マルウェア検知機能の向上

この記事は、2014 年 7 月 23 日付で Mozilla Security Blog に投稿された Improving Malware Detection in Firefox(筆者: Sid Stamm)の翻訳です。この翻訳は公式なものではありません。詳しくはこちらをご覧ください。


悪意を持ったソフトウェアによる絶え間ない脅威から人々を保護する、よりよい方法を私たちは常に探しています。Firefox ではここ数年、ユーザが危険なサイトにうっかりアクセスしてしまうのを防ぐため、Google の Safe Browsing が提供するフィッシングとマルウェアの防御機能を利用しています。この防御機能は、フィッシングやマルウェアのサイトと報告されたリストを Firefox がダウンロードし、ユーザのアクセスしたサイトをこのリストに照合して確認するものです(より詳しくはこちらのページを参照してください)。

Firefox はより安全になりつつあります。

最近までは、悪意のある「web サイト」と報告されたリストにしかアクセスできませんでした。しかし今では、Safe Browsing サービスは悪意のある「ダウンロードされたファイル」についても監視しています。(2014 年 7 月 22 日現在で)最新バージョンの Firefox では、ユーザがダウンロードしたファイルを悪意のあるファイルに関するリストと比較することで、ユーザをマルウェアからさらに保護できるようになり、マルウェアがユーザのシステムに危害を与えるのを防ぐようになります。

(2014 年 9 月にリリースされる)次のバージョンの Firefox では、Windows において悪意のあるダウンロードを「さらに」防御できるようになります。ユーザがアプリケーションファイルをダウンロードした際、Firefox は署名の有無を確認するようになります。ファイルが署名されていた場合、Firefox はその署名を安全な提供元のリストに照らし合わせます。このリストを用いても「安全」(許可されるもの)か「マルウェア」(ブロックされるもの)かを判断できなかった場合は、そのファイルのメタデータGoogle の Safe Browsing サービスに一部送信し、ソフトウェアの安全性を問い合わせます。このオンライン確認は、WindowsFirefox かつ既知の安全な提供元として署名されていないダウンロードファイルにのみ行われることに注意してください。Windows における一般的かつ安全なソフトウェアはほとんど署名されているため、最後の確認作業が常に必要となることはありません。

事前に行った実験の結果に基づき、今回の新しいマルウェア防御機能によって、Firefox の防御機能をすり抜けるマルウェアの量は半減することを見込んでいます。これはすなわち、多くのマルウェアが遮られることを意味します。

リストに合致しなかったわずかなダウンロードファイルについて、データを Google に送信したくないユーザに関しては、もちろんマルウェア保護機能を無効にすることができます。しかし、マルウェアの根絶は多くの人にとって重要であると私たちは思っており、皆さんの安全なブラウジングを縁の下で支える役目を、今回の新しい機能が果たしてくれることと考えています。

より詳しくは Monica の書いたブログ記事を参照してください